入学前に数学を先取り!

中学進学準備〖数学〗講座

 小学6年生のみなさん。4月からはいよいよ新しい環境のもとで、中学生の生活が始まります。

 未知の学校で互いに見知らぬ同級生たちもたくさん。これからどんな生活が始まるのか、期待と不安がいっぱいかもしれません。

中学進学準備講座

 合格した喜びを「入学した中学で自分は上位でやっていける!」という自信に変えるために、早めの準備をしましょう。

 まず知っておいてほしいことは、算数と数学はまったく別のものということです。

 だから、算数が不得意でも数学はできるようになります。逆に、算数は得意だったのに数学ではつまずいてしまう、ということもよくあります。

数林が提案する入学前の心がまえと準備は、次の2点です。

最初が肝腎!

入学から二学期中間テストまでの成績でその学校の中でのポジションが決まるといって過言ではありません。できる限り高い位置でスタートすれば自信が生まれ、それが長い中高生活を支える学習意欲につながります。

数学は「論理と過程」

数学は「論理と過程」を何よりも大切にする学問です。この学問としての本質を早い段階で体で覚えてしまうかどうか? それが数学ができる子になるかどうかの分かれ目です。

入試後の2ヶ月を有意義に使って、数学らしい式の書き方やノートの使い方を身につけ余裕をもって入学式にのぞみましょう!

 進学予定の中学校のカリキュラムやひとりひとりの理解度に合わせて進度を調整しながら、先取りしていきます。 ゆっくりのペースでしたい人、できるだけ多く先取りしたい人など、それぞれの目的に合わせて自由に設計できます。

回数 4回~8回(1回 80分☓2コマ)
期間 2月から4月(期間は相談に応じます)
内容 (代数) 正負の計算・文字式・方程式
(幾何) 平面幾何の基礎・作図

※ 回数・期間は相談に応じます。詳しくはお問い合わせ下さい。