スタッフブログ
Tさん、来塾
2018/4/6

小林聖心から神戸薬科大学に進学したTさんが薬剤師国家試験に合格し、春からの就職が決まったことの報告に来てくれました。

薬剤師の国家試験はますます難しくなって、過酷な受験生活だったらしい。

しかし、数林にいた頃に倍するへこたれない粘り強さを発揮して合格をもぎとったのだろう。頭が下がります。

繰り返しになるが、Tさんはわれら数林スタッフが常々「お手本とすべき人」として語る卒業生の一人。

数学が得意じゃないけど夢を実現するためには数学が必須。。そんな人がどうすれば数学ができるようになるか、その一つの道、方法と生活を示してくれました。

あ、そういえば彼女の担当講師は私の長男だった。知らせてやらねば。

律儀な人です。家庭の風儀の賜物でしょう。成人式の帰りにも寄ってくれました。

ありがとう!!

blog300406

うれしいニュース
2018/3/6

T.Mさん(金蘭千里)が福井大学医学部に推薦合格しました。

Tさんは、小4から数林だから足かけ9年。隣は中1から指導を担当してきた阪大工学部の池田先生。

この春社会人になる彼にとっては大学一回生からM2まで、手塩にかけた愛弟子。周りから見てもこのコンビ、息のあった二人三脚ぶりでした

Tさんといえば、箕面粟生間谷で長く公文教室を主宰されていた郡山悦子先生が、最後に送り込んでくださった生徒。

郡山先生は、三十数年来私どもに毎年優秀な生徒たち(灘中、東大に行ったご子息をふくめ)をたくさんご紹介くださった志学舎・数林の大恩人。

みんな立派になって、先生はそれをわがことのように目を細めて喜んでおいででした。例えば、あの夏目三久さんご兄弟姉妹も先生のおすすめで小3から…など。

お亡くなりになって4年。

この合格の知らせ、生きていらっしゃったらどんなにか喜んでくださったことだろう。

公文教室を閉めたあとも我が子のように可愛がっていらっしゃったから。

Tさんは「高2で受けるセンタープレテストで9割超えを狙う」という数林のガイドライン通り、昨年のテストで数学193/200をたたき出した超優等生。

先生、彼女は先生の教え通り、本当に淡々とコツコツ頑張りました!褒めてあげてください。

なんと産婦人科医をめざすそうですよ!

blog300306

うれしい不意の訪問者
2018/1/18

成人の日、特段に嬉しい不意の来訪者。

数林のこの15年のちょうど真ん中あたり、彼の中学受験には久方ぶりに本気出して、真剣に取り組んだ。

なぜだろうか、その当時「彼ら(というのはもう一人いたから)が医師の国家資格を取る頃までは塾屋をつづけよう」と思っていた。そんな節目を感じながら、日々綱渡りのような厳しい授業の連続だった。

どうにかこうにか合格にこぎつけたときの嬉しさったらなかった。かつて志学舎で沢山の生徒を私立に合格させたが、この時はそれとは違って一対一の濃密な半年間の格闘の末、感慨の質がちがった。

以来、色々あった(らしい)。博多に転校して以来「あいつ、どうなったろう?」と折に触れてとても気にかかっていたものの、こちらから聞くわけにいかないのがこの世界....

それが、熊本大学医学部生として帰ってきた。やった!誇らしい!

感無量ってやつだ。

いい顔してるでしょ?人柄は見たまんま。

最高に教えやすい、実に教え甲斐のある相手として、私の記憶しっかりと刻まれている。

そうそう、しぶとく塾長業を続けてると、時々こうして「私もなかなかいい仕事してるじゃん」と思える瞬間がくるんだよね。

塾屋冥利というんだそうな。

blog300118

友と奈良旅
2015/11/16

一泊二日で、奈良在住の昔馴染みくんと遊びました。

高校の同級生。旅程は全てお任せという、超がつく他力本願の旅(笑)

まずは、JR奈良駅で出迎えてくれた I.K夫妻と一緒に、吉野葛の名店天極堂で「葛入り冷やしうどん」を頂きました。

ふんふん、いいぞいいぞ♪

夫妻プロデュースの奈良旅、どんなんだろ?

期待に胸ふくらむ一品てした。

blog271116

なつかしや
2015/10/14

懐かしやな♪

はぐれ鳥になっていた教え子くんが、いきなり舞い込んできました。

千葉で進学塾を営むK.I 君。

最後に会った時は12歳?もう30余年前。

面変わりしてはずなのに違和感がないのはFacebookではおなじみだからだね。

最近塾を立ち上げて、それでなくても忙しいのに帰阪した短い旅程の中、よくぞ寄ってくれました。ありがとうよ。

彼は中学から麻布に行った、なかなかのやんちゃ坊主でした。

また会おうな!

blog271014

なんとなしに
2015/10/03

ワンらと散歩の帰り道。

夕刻の箕面の山裾は、雲たちが空のカンバスに自由気儘に絵を描きます。しばし立ちつくして四方天空を見渡す。

なんとはなしに

「ひとりじゃない」と

blog271003

御蕎麦処 美松
2015/04/27
御蕎麦処 美松が4/30をもって閉店します。 45年前に豊中駅前のこの地でスタート。店主のおじさんと接客のおばさんの二人。いつも変わらぬ味をこともなげに提供し続けてもらった事、改めてその苦労に頭が下がります。
蕎麦、うどん、丼物、どれもこれも「美松でしか食べらられない美松の味」に仕上がっているのです。
親子丼を注文したら、卵の半熟の具合がいつも同じ。鍋焼きうどんは、蓋をあけた時に立ち上る出汁の香りも、寸分のくるいもなくおんなじ !
真面目で几帳面な職人が、仕込みに大変な手間をかけないとこんなことはできません。しかも毎日‼
私、37年美松さんのお世話になっています。
塾屋になったその年から。美松との歳月は、この仕事をし続けた年月とかさなっています。
なくなるなんて想像さえしなかった ....多くの常連さんがそう思っているでしょう。
あと二日、お馴染みメニューを最後まで食べ尽くすぞ!!
blog270427

一期一会、ひとめぼれ
2014/11/27

阪急百貨店の「東北フェア」に出かけました。お目当ては仙台の「厚切り牛タン弁当」や「バター飴」「小岩井農場」だったのですが、牛タンの斜め筋向いの「秋田湯沢の川連漆器」を覗いたのが運の尽き(笑)

この形のカッブ、漆をしっかり厚塗りした地色が朱と黒の二品が私のこころを引き寄せた。手にとってその深いぬめり感を確かめていたら、店主はごそごそ裏から「実はこの色もあるんですが」とこれを出してきた。

撃ち抜かれました!ひとめ惚れです♪

blog261127

虹の橋
2014/11/20
あ、虹だわ!

なんでも、天国のちょっと手前に虹の橋って所があってさ、先立ったペットたちが飼い主さんが来るのを待ってるとか?
ふん!そんなの冗談ポイ!

わたし、まだまだ死なんもんね!

blog261120

うれしいお返し
2014/06/237

志学舎-数林で事務アルバイトをしていたお嬢さん。

結婚して、この3月に第一子=ご長男を出産。

お祝いを贈ったところ、こんな素敵なお返しが届きました。

今治タオルです。しかも箱入りバスタオル。これってさぞや気持ちがよかろうなと思いつつ、もったいなくてなかなか使えない(笑)

物心ついた頃はちょうど戦後日本が復興の緒についたばかり。浪費をいとわない反面、なぜか貧乏性の尻尾がついてる。

blog260623

気持ちも春めいて
2014/04/07
春期講習で忙しくしている間に花見の盛りが過ぎていく....毎年そんなことを繰り返してきました。
では、と思いついた「お手軽なお花見」はわが家に近い皿池公園。
ワンちゃんらと一緒にうきうき気分で出かけたら、子どもたちにとりまかれて身動きもとれず。
人好きのななは大喜び。一方こわがりのふくちゃんは逃げようと必死、リードを左右に引っ張られて立ち往生。
そんなわたしを見上げる少女と桜花房のツーショット、なかなか春でしょ(^。^)
blog260407

これは絶品!
2014/02/17
吹田にある松竹堂のフルーツ餅。
待ってました、と言いたいくらい大歓迎(^o^)
写真の左右は苺大福、それぞれ異なる品種の苺が入ってます。
上はパイナップル、下は見ての通りメロンです。甘さを抑えたまことに品のいい逸品。いいお茶にぴったり。
bolg260217

私というものがありながら…
2014/02/11
え〜っ、あっくんが結婚ですって⁈
なになに、いつからお付き合いしてんの?
どんな人?
わたしより美人?
blog260212

新成人おめでとうございます♪
2014/01/25
成人式帰りに立ち寄ってくれた卒業生のT・Mさん。
中3だったかな、入塾したのは。
お祖母様から代々引き継いだという着物と帯に目を奪われました。
素晴らしいわ!
着物ばかり褒めすぎてごめん。
彼女、頑張り屋さんとしてうちの伝説的存在なのです。今は薬学の道をしっかり邁進中。
なんであれ、こうして晴れ姿を見せてくれるのって、ほんと嬉しい。
ありがとう!
260125

謹んで
2014/01/04
新春のお慶びを申し上げます。

昨年は数林にとってまことによき年でした。
これも、ひとえに皆様のご支援の賜物と、一同深く感謝いたしております。
本年もまた、相変わりませず御友誼御厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。
平成二十六年 元旦
塾長 今井 正
blog260104